エド&リーのブログ

ライター&別居中ほぼシングルマザーの雑記。Instagram:edoleekikakuもやってます。

母子3人街探訪~京急蒲田編~

f:id:edoandlee:20220105151422j:plain

きっかけ

別に1人でいるのが好きというほどではないものの、私は昔からわりと1人でどこでも行けてしまうタイプで、しかもホテルという空間がとても好きなので、もう少し若い頃、特に20代半ば、福岡に住んでいた頃は1人で九州のあちこちに行っていた。

そして結婚してからは夫(仮)と喧嘩をして一時的に家出した時や、自分への誕生日プレゼントとしてホテルに泊まるようになった。

で、本当はこの年末年始も1人で近場のホテルに泊まってひたすら本を読んで寝ようと思っていたのだが、仕事が入ってしまったため断念し、でもやっぱり気が済まないのと1日でもいいから風呂掃除から逃れたくなり(前もどこかに書いたけど本当に風呂掃除が嫌い)、一昨日から昨日にかけて子どもたちを連れて街探訪がてらホテルに泊まりに行ってきた。

何きっかけだったか忘れたが、昨年の9月にも街探訪がてら子どもらとホテルに泊まったので、実は今回で母子3人街探訪は2回目なのだが、とりあえず今日は今回のことを書こうと思う。

今回訪れたのは京急蒲田

理由は単純に近場でそんなに高くなくて私と子どもの3人で泊まれそうなホテルがあったからである。

蒲田駅(JR&東急)周辺は何度か行ったことがあったのだが(蒲田にお住まいの方には怒られそうだがドン・キホーテのイメージが強い)、京急蒲田駅で降りるのは今回が初めてだった。

「同じ蒲田って名前が付くからきっと京急蒲田もドンキ的な感じだろうな」と思っていたのだが、感想としては思ったよりもドンキ的な感じではなかった(ドン・キホーテにも怒られそう)。

今回泊まったホテル

f:id:edoandlee:20220105151438j:plain

今回泊まったのは「ホテルオリエンタルエクスプレス東京蒲田」。

tokyokamata.hotelorientalexpress.com

ハイクラスなホテルではなく、いわゆるビジホである。多分羽田に行く人が前泊とかで結構使うんだと思う。

今回このホテルを選んだ理由は、

  • 近場(自宅から1時間くらいで行ける)
  • 安い(もう子どもが小学生なのでトリプルの部屋だと結構高くなる)
  • 2019年オープンで比較的新しい(経験上新しい方が確実にハズレ率が低い)
  • 風呂トイレ別(昨年誕生日に泊まったホテルが風呂トイレ別で良かった)

こんなところだろうか。安いビジホなのであまり期待はしていなかったが、駅からもかなり近くて1階のカフェスペースみたいなところに自由に使えるカフェマシーンとかがあってなんか割と落ち着いてる感じでまぁまぁ良かった。子どもたちはテレビでYouTubeとかが見まくれるからだと思うが、気に入ったようでまた来たいと言っていた。

ということで街探訪(1日目)スタート

f:id:edoandlee:20220105151543j:plain

15時過ぎくらいに京急蒲田に到着し、チェックイン後、16時くらいから街探訪へ。近くに「南蒲公園(なんぽこうえん)」という公園があるということだったので、ホテル好きであり公園好きでもある私は子どもらを引き連れて目的地を目指す。

www.city.ota.tokyo.jp

道中の息子と娘。特に何も言っていないのにこのポーズをとる。息子はブルース・リー的な何かをイメージしているのだろうか。よくわからない。

噂通りの南蒲公園

f:id:edoandlee:20220105151617j:plain

地元の小学校の横を通ったりしながらすんなりと目的地の南蒲公園に到着。目的地までは全体的に路地裏的な雰囲気が漂う、なんか東京の住宅地って感じ(すごい適当な表現)だった。

この公園を選んだ第一の理由はズバリGoogleのクチコミに「猫がたくさんいる公園」と書いてあったから。そう、私は猫が大好き。子どもたちも私の影響をモロに受けているので猫が好きなのである。ただ今住んでいるマンションは犬猫飼育原則禁止なので、なかなか触れ合える機会がなく、だからこそこの公園を選んだのだった。

ちなみにホテルに着いた時も実は猫がホテルの前をウロついていたので期待感はあったのだが、実際公園に着いたら猫がいた!公園の周りが茂みになっていてその茂みに猫が数匹いたのだが、猫の扱いというものをまだよく知らない息子が追いかけたため猛スピードで逃げられ、写真が撮れなかった。

f:id:edoandlee:20220105151603j:plain

公園は綺麗に掃除されており、トイレもあるし遊具も充実。砂場の砂もサラサラだった。このタイプの遊具はうちの自宅の近所にはないので、子どもたちはえらく気に入ったようだった。息子が全速力で助走をつけてこの山型の遊具を上る動画があるのだが、それはまた後日インスタにでもアップしようと思う(どうでもいいけど)。

なお、このポーズ↑も子供たちが勝手にとったのだが、あとで見返してみてなんかすごい東京事変ぽいと思った。東京事変が好きな人であればきっとわかってくれるはず…。

猫のたまり場発見

f:id:edoandlee:20220105151630j:plain

日が沈みかけている中、南蒲公園で子どもたちは大はしゃぎだったわけだが、私は別にはしゃいでいなかったのでめっちゃ寒くて、限界まで我慢したけど寒すぎたので公園をあとにし、京急蒲田駅方面へ行くことに。

その途中、南蒲公園から駅までの間、ホテルからもすぐそばの場所にまたしても猫発見!しかも写真では1匹しか写っていないが、何匹もいた!

他所の家の敷地だと思われるが、この後息子が奥の方まで入っていったところ、エサがたくさん置いてあったそう。他にも個人でやってそうなお店の前にエサの入ったお皿が置いてあるのを何件か見たので、なんか地域猫的な感じで飼っているのだろうか…?

息子は大興奮で明日なんかエサになるものを持ってもう一回あのたまり場に凸ると意気込んでいた。

なお、娘が持っているのは娘が生後2ヶ月くらいの時から持っている「ねこたん」という赤ちゃん用の人形?である。ちなみにこの「ねこたん」は学校の時以外ほぼ常に娘と共に生活しているため、壁武者が家に20匹近くいる。

京急蒲田駅周辺

f:id:edoandlee:20220105151641j:plain

本当は外で食事したかったが、子どもたちが部屋で食べたいというので京急蒲田駅周辺へ夕食の調達に出掛ける。美しい夕焼け。

スーパーや飲食店、行ってないけど商店街らしきものも見えた。1人だったらぶらぶらできたのだが…。駅ビルの中にGUが入っていて、息子用のポケモンのスウェットが安くなっていたので買っていたら息子に後ろから「1円でも安く買おうとする女、江戸リイ」みたいなナレーションを入れられたので、「一銭を笑う者は一銭に泣く」という言葉を教えて差し上げた。はぁ~うっせぇうっせぇうっせぇわ~あなたが思うより貧乏です♪

そして息子は夜に食べる用&明日猫にあげる用だと言ってさきいかとチータラを買っていた。息子は残念ながら夫(仮)に似て酒飲みになりそうな気がしてならない。

※後ほどまた説明しますが、猫にさきいか&チータラは基本的にNGです。実家の猫がたまに食べてたので少量なら大丈夫かと思いますが…忘れていました…。

ホテルあるある

f:id:edoandlee:20220105151651j:plain

もうホテルでも旅館でもそうだけど、泊まりに来たら無制限でiPadとSwitchやっていいみたいになってるからいつもこんな感じになる。そして死んだ目をしたノーメイクの私…。

この部屋はエキストラベッドじゃなくてちゃんとしたベッドのトリプルルームだったのでとっても快適だった(この後早々に寝る)。

街探訪(2日目)スタート

f:id:edoandlee:20220105151703j:plain

ホテル1Fのカフェスペースみたいなところで朝食をとり、再び街探訪へ。本当はもっとゆっくりしたかったけど、午後に娘の習い事がある&なぜか昼食を家で食べたいと子どもたちが言い張るので短時間の街探訪へ。

再び昨日のたまり場へ

f:id:edoandlee:20220105151712j:plain

動画を撮っていたのでちゃんとした写真がないのだが、昨日発見した猫のたまり場へさきいかを持って息子が突撃。昨日よりたくさん猫がいた。そしてまたエサがいっぱい置いてあった。

※繰り返しますが、本当は猫さきいか(というかイカ類)はNGです。今回は少量だったのでおそらく大丈夫かとは思いますが、失念していました…猫さんごめんなさい…。

結局昨日と一緒やん

f:id:edoandlee:20220105151731j:plain

「まだチータラも残っている!」ということでまた昨日と同じ南蒲公園へ。そしてまた猫数匹発見!チータラを置いてやったら恐る恐るくわえて猛ダッシュで路地裏へと消えていってしまった。そしてまた全力で遊ぶ子供たち。結局昨日と一緒やん…。

※チータラも少量でしたが、猫にはあまり良くないようです…猫さんごめんなさい…。

f:id:edoandlee:20220105151745j:plain

うろついたのは南蒲田というエリア(たいしてうろついてないけど)。こんな感じでなんか下町風情もある感じだった。

f:id:edoandlee:20220105151755j:plain

また例のたまり場へ…今度は娘がチータラを持って突撃。無事猫に食べてもらえたらしい。ていうかめっちゃ中に入ってってるけど他所の家の敷地なのでは…。

もっとうろついてみたい京急蒲田

今回は時間の関係でゆっくりできなかったが、京急蒲田はもっとうろうろしてみたいなと思える街だった。猫の好きそうな街並みなので、きっともっとうろうろしてたら猫にももっと会えるだろう。

子どもたちもまた来たい!猫欲しい!と言っていたが、如何せん寒い。公園が寒い。時期的に寒い。だから今度来るなら暖かくなってから…だな。

うちはあちこち旅行に連れてってあげられるほど裕福でもないし、別居を期に車も売ってしまったので、今後もたまにはこうして出掛けて、色々な街の景色を見せてあげることができればいいなと思う。

以上、京急蒲田の街探訪の様子でした。

よろしければどれか適当に押しといていただけると嬉しいです


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 家族ブログ 別居へにほんブログ村 その他生活ブログ フリーランス (ライター系) へにほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へにほんブログ村 その他生活ブログへ